いい波を当てる! 〜 夏(8〜9月)編

日本においてもっともコンスタントに波がありサイズも上がるのが、8月から9月にかけての夏のシーズン。理由はもちろん次から次へとやってくる台風です。ポイントによってはワールドクラス級の波が立つこともあります。サーファーにとっては台風の進路が気になって仕事どころではない時期でもありますね。。

なぜこの時期は波があるのか?なぜこの時期に台風が発生するのか?どこに台風があると波がいいの?などを、『サーファーのための気象ガイドブック』を参考に見ていきます。

さらに読む

いい波を当てる! 〜 梅雨(6・7月)編

天気は悪いし湿度も高い。そして波もないという三重苦の梅雨の時期。

その原因となるのが、東西に延びた梅雨前線・・・。
さらに読む

いい波を当てる! 〜 初夏(5月)編

日本の初夏(4月下旬〜5月)はどのタイミングで波が良くなって、どこがベストエリアなのか?森郎さんの『サーファーのための気象ガイドブック』を参考に引用を交えてまとめました。こちらの本は、15年前に発売されたものでかなり古いですが、わかりやすくおすすめですよ。サーファーとして天気に関する本は一冊は持っておいてもいいかもしれません。
さらに読む

知ればスキルアップにもなる!サーフィンの大会の採点基準とルール

サーフィンをやっている方でもイマイチ大会のルールがわからないという方も多いかと思います。また、オリンピックの正式種目にもったことでサーファー以外の方も大会を観戦することも増えると思いますので、簡単にルールと採点基準をまとめてみました。

大会で高得点になる基準を知っているということは、上手いサーフィンの基準を知ることにもなるので、上達のきっかけにもなるのではないかと思います。 さらに読む

いい波を当てる! 〜 春(2月末〜4月上旬)編

インターネットの波情報サービスが充実してくると、どうしても提供される情報に頼ってしまって、天気図を見て自分で予想をたてるなんてことはしなくなってしまいます。僕ももっぱら波情報サイトにお世話になっているわけですが、、、そこであらためて森郎さんの『サーファーのための気象ガイドブック』を読んでみました。15年前に発売された本でかなり古いですが、わかりやすくおすすめの本です。
さらに読む

海のゴミ問題2 鳥やウミガメへ与える知られていない深刻な影響とは

画像:Clean Up Your Trash / impeartrice

人間が何気なしに捨てたゴミが海に流れでて、そのゴミが知らず知らずのうちに動物の命を奪っているという現実があります。

プラスチックやビニールといった劣化のしない素材は、人間の世界ではとても便利で使い勝手がよいものですが、その便利なモノが一旦ゴミとして海に流れ出ると、『劣化しない』という特性が、そこに住む動物達には凶器に変わるのです。

生物の中には、小さな人工のゴミを餌と間違えて飲んでしまい、そのまま消化されず排泄もされることもなく胃袋にたまり、その後餌を食べることが出来ずに死んでしまうというケースが多く報告されています。

さらに読む