盲目のサーファーがパイプラインの波に乗る!デレク・ラベロ

If you live by faith and not by sight, anything is possible.

”見えることに惑わされず信念で生きれば、すべての事は可能だ”

全盲のブラジル人プロサーファー、デレク・ラベロの言葉です。 さらに読む

「大事なことは大抵面倒くさい」

「大事なことは大抵面倒くさい」

以前、宮崎駿さんがNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演していた時に言っていた言葉です。
作業中「面倒くさい面倒くさい」を連発・・・。意外です。 さらに読む

80歳からサーフィンをはじめて、テイクオフする最強おじいちゃん

「何かを始めるのに遅すぎることはない」
これは常に肝に銘じている言葉の一つです。ですが、80歳のおじいいちゃんが「サーフィンを始めたい!」と言い出したらら・・・。迷わず 「もう遅いよ」と言ってしまうでしょう。
さらに読む

海のゴミ問題2 鳥やウミガメへ与える知られていない深刻な影響とは

画像:Clean Up Your Trash / impeartrice

人間が何気なしに捨てたゴミが海に流れでて、そのゴミが知らず知らずのうちに動物の命を奪っているという現実があります。

プラスチックやビニールといった劣化のしない素材は、人間の世界ではとても便利で使い勝手がよいものですが、その便利なモノが一旦ゴミとして海に流れ出ると、『劣化しない』という特性が、そこに住む動物達には凶器に変わるのです。

生物の中には、小さな人工のゴミを餌と間違えて飲んでしまい、そのまま消化されず排泄もされることもなく胃袋にたまり、その後餌を食べることが出来ずに死んでしまうというケースが多く報告されています。

さらに読む

なぜオーガニックコットンがいいのか?

(画像:www.loomstate.org
ふだん普通に暮らしている限りでは、コットンを栽培をするにあたって、一体どのぐらいの人がどんな犠牲を払った上で成り立っているかを知る機会はないだろう。また、ファッションレベルの高い日本人にとっては、いくら素材がよくてもダサい服は着たくないという思いが強く、『オーガニック』と言う理由だけで商品が選ばれるということは難しい。

なぜ普通のコットンじゃなくて、オーガニックコットンがいいのか?

何となくエコでヘルシーというイメージのあるオーガニックコットンだが、ここではオーガニック・コットンの製品をあえて選ぶ理由について考えてみたいと思う。 さらに読む