レクサスから「バック・トゥ・ザ・フューチャー」仕様のスケボー登場!!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』に登場した、あの宙に浮くスケボーがなんと現実に!

開発したのは以外にも、トヨタ自動車が世界に展開してる高級車ブランドのレクサスです。目的はブランドアピールの為で、開発には18ヶ月を要したそうです。開発費は非公開。。「欲しい!」と思った人も多いと思います、残念ながら一般には販売していないようです。

一体どうやったらスケボーが宙に浮のだろうか??

原理はというと、「永久磁石」と「超伝導」を利用してスケボーを宙に浮かせているのだとか・・・。さっぱり意味不明です。wikipediaによると

『永久磁石』とは
外部から磁場や電流の供給を受けることなく磁石としての性質を比較的長期にわたって保持し続ける物体のことである。

そして

『超伝導』とは
特定の金属や化合物などの物質を非常に低い温度へ冷却したときに、電気抵抗が急激にゼロになる現象。

だそうです。。

かなり専門的ですが、とりあえず「永久磁石」という物体がスケボーの下についていて、それを超低温でガンガン冷やすと「超伝導」という現象が起きて、その現象が起きると物体を宙に浮かすことが出来るということなのでしょう・・・。たぶん。映像の中で、ドライアスのような冷気がでているのもそのせいですね。この原理はリニアモーターカーにも利用されているとのことです。

人間がイメージできるものは、いずれ現実になって物質化されていくようですね。

超伝導の分かりやすい実験映像

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。