環境保護団体『Save The Waves Coalition』への招待動画

世界の沿岸、特にサーフエリアを中心とした沿岸環境の保護活動を行っているNPO団体『Save The Waves Coalition』のWEBサイトへの招待動画。

『Save The Waves Coalition』の最初の活動は、2001年のに初頭、ポルトガルの南西にあるマデリア島での出来事。
そこではパーフェクトなポイントブレイクのレギュラーの波が割れる、サーファーにとって最高のサーフエリア。そんな場所に政府が大きな港を作る為工事を着工したことに対する反対運動。

アメリカ人ジャーナリストでフォトグラファーでもあるWill Henry氏が、毎年恒例のサーフトリップにこの地に訪れた際、そのパーフェクトだったはずの波が、初期工事で建てられた防波堤によってダメージを受け、波の質が大幅に悪くなっていることを直接現地で体験し、政府に対して行動を起こすことを決意。その後アメリカに戻り、多くのサーファーや環境活動家を集めて、大規模な反対抗議をマデリア島でおこし、ついに政府に対して港を別の場所に移させる事に成功。

その後、同様な活動を世界各地で行っている環境保護団体だ。
誰かにとっては必要な港でもあるので、港を作ること自体サーファーという立場だけで反対する事は難しいが、その場所を必要としている人は必ず存在する。それは誰かが声を上げないと政府には届くことはない。彼らはサーファーを代表して世界のサーフスポット守る活動をしてる。

気になったのは、移動した先の港でも少なからず泣く人もいたのではないかという事だ。しっかりとした話し合いの元工事が行われたことを願う…。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。