なぜオーガニックコットンがいいのか?

(画像:www.loomstate.org
ふだん普通に暮らしている限りでは、コットンを栽培をするにあたって、一体どのぐらいの人がどんな犠牲を払った上で成り立っているかを知る機会はないだろう。また、ファッションレベルの高い日本人にとっては、いくら素材がよくてもダサい服は着たくないという思いが強く、『オーガニック』と言う理由だけで商品が選ばれるということは難しい。

なぜ普通のコットンじゃなくて、オーガニックコットンがいいのか?

何となくエコでヘルシーというイメージのあるオーガニックコットンだが、ここではオーガニック・コットンの製品をあえて選ぶ理由について考えてみたいと思う。

農薬などが使われていないオーガニックコットンは、肌の弱い乳幼児やアトピーの人にとって、刺激が少ないという理由で選ばれる事はよく知られている。しかしそれ以外の大きな理由として、コットンを栽培している農家の人達と、農業地帯に住む人たちの健康を守る為という点も、大きな理由の一つとしてあげられる。

(画像:drleonardcoldwell.com)

現在世界の80ヶ国以上で栽培されているコットンは、世界の農薬使用量の25%を占め、農薬問題の元凶の一つとなっている。アメリカにおけるコットンの生産においては、現在アメリカ国内で登録されている農薬の中で最も毒性の強い薬品が使われている。

コットンを栽培する農家や周辺の人々は、その毒性の強い薬品を大量に接触することから生じる健康問題に悩まされており、カリフォルニアにおける農薬中毒の件数では、グレープ、オレンジに次いで3番目に多いのがコットンなのだ。さらに農業地帯に住む子供は、空気中に浮遊した農薬を吸うことにより、生涯を通じて摂取する発ガン性物質の総量の約35%に当たる量を、5歳までに吸収してしまうと言われている。

このように、消費者のメリット以外にも目を向けて、あまりデザイン性を重視しなくてもよいようなタオルなどから、少しづつオーガニックコットを選んで購入してくという行動も重要ではないだろうか。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。